ここからサイト内共通メニューになります。

Menu

共同配送サービス

印刷する

お客様のニーズに合った、出来るだけコスパの高い配送をプランニング。

当社で共同配送をご提案してお客様にメリットがあった実例です。

こんな場合にはご検討を!!

  • 自社で配送しているが少量のため効率が悪い。
  • トラックをチャーターしているが満載するほどの量がない。
  • 宅急便を利用しているが量がかさんでかなりのコストになっている。

次のステップへ

現在ご利用のサービスにどのようなコストが適正かご提案させていただきます。

導入事例

  • 宅急便利用の配送を当社配送車両の空きスペース活用で大幅コストダウン!
  • トラック1台分のコストが0.5台分のコストに!
  • 少量配送先と当社と共同配送に切り替え得意先の確保に!

共同配送サービスを利用できる荷物

運ぶことが出来る荷物

加工食品・衣類など

運ぶことが出来ない荷物

揮発性の高いもの・壊れやすいもの・生物・精密機器・香りが強いものなど、他の積み合せた荷物に影響を与えるもの

配送サービスと共同配送サービスの選び方

サービスの違い

配送サービスでは、専用の車両を仕立てますので、物量が多い場合や、時間を指定したい場合にご活用下さい。
一方、共同配送サービスは時間が指定しにくいなどのデメリットがありますが、他の荷物との積み合せで配送するので、大量でない荷物を安価なコストで配送できると言うメリットがあります。

どちらのサービスを選ぶべき?

迷った場合は、当社営業部へご連絡下さい。
03-3767-4780(代表)

サービス比較表

配送サービス 共同配送サービス
メリット 曜日や時間を指定できる。
大量出荷に対応できる。
既に配送を行っている車両の空きスペースを使う場合が多く、比較的低コストで配送できる。
こんな時はどっちのサービス? 自社で配送を行っているが、車両や運転手の管理が重荷になって来ている。
出荷量が増えて来て、車両の調達が追い付かない。
同じ場所に出荷する商品の量が増えて来て、宅急便ではコストが高い。
車両をチャーターして出荷しているが、出荷量が少なくなった。

配送サービスについて詳しくはこちら

物流センター・営業所一覧

関東中央エリア統括部

東関東エリア統括部

西関東エリア統括部

南関東エリア統括部

お電話でのお問い合わせ

03-3767-4780

受付時間 平日9:00~17:00